Quote
"お前には無理だよ、と言う人のことを聞いてはいけない。
もし自分で何かを成し遂げれなかったら、 他人のせいにせず自分のせいにしなさい。

多くの人が僕にもお前には無理だよと言った。
彼らは君に成功して欲しくないんだ。
なぜならば、彼らは成功できなかったから。
途中で諦めてしまったから、 だから君にもその夢を諦めて欲しいんだ。
不幸な人は不幸な人を友達にしたいんだ。

決して諦めてはいけない。
自分の周りを、エネルギーであふれ、しっかりした考えを持っている人で固めなさい。
自分の周りを、プラス思考の人で固めなさい。
近くに誰か憧れる人がいたら、その人にアドバイスを求めなさい。

君の人生を考える事ができるのは君だけだ。
君の夢がなんであれ、それに向かって行くんだ。
君は幸せになる為に生まれてきたんだ。

マイケル・ジョーダン"

暇人\(^o^)/速報 : 人生をやり直せるのは何歳までなのか - livedoor Blog(ブログ) (via squarejewel, cohigan) (via metalbaka) (via akiyoshi) (via katoyuu) (via sakuma) (via handa) (via qawsklp) (via gkojay) (via k32ru) (via yousing) (via pipco)

Quote
" 青春とはもともと暗く不器用なもので、明るくかっこよくスイスイしたものは
商業主義が作り上げた虚像にすぎない。
"

星新一の名言貼ってく:キニ速 (via plasticdreams)

(yaruoから)

Quote
"

<もしも修学旅行が“現地集合”だったら!?>

 たとえばこんな話※1がある。

 その学校の修学旅行の行き先は「石垣島」だった。石垣島といえば沖縄本島から400km以上離れている果ての地だ。まあ、ここまではありえるかもしれない。でも、その修学旅行は“現地集合”だったのだ。

 あなたは「つまらん冗談だ」と思ったかもしれない。しかし学生たちは、親に聞くなり、本を読むなりして、必死に石垣島までの行きかたを調べ、飛行機あるいは船のチケットを自分で手配し、不安に押しつぶされそうになりながらも、やっとの思いで現地にたどり着いたのだった。

 そうするとどうなるか。面白いことに、学生たちは石垣島に着いた時点で感動がMAXになるのだ。ある者は「怖かった」と肩をふるわせ涙した。ある者は「着いたぞ」とはしゃぎ回った。修学旅行の目的が、その名が示す通り“学を修めること”なら、彼らはもう帰ってもいい。
 なぜなら、この島に自力でたどり着いた時点で、すでに、彼らは様々な社会勉強ができたはずだからである。(さすがに親に送ってもらったやつはいなかっただろう……)

 ともかく、学生たちはまるで戦場をくぐり抜けて来たかのように喜び合った。要するに“不便”はひとの感動のハードルを下げるのである。

"

なぜ古参は「昔のほうが良かった」のか? たった1つの理由

(via kitaodori)

(dannnaoから)

Photo
nise3kawan:

1409532397478.jpg

インド軍スレ南アジア - 二次元裏@ふたばhttp://may.2chan.net/b/res/282397669.htm

nise3kawan:

1409532397478.jpg

インド軍スレ南アジア - 二次元裏@ふたば
http://may.2chan.net/b/res/282397669.htm

(zenigataから)

Quote
" 英国では、人の話を聞き返すときの言い方は社会階級によって異なる。労働者階級は「Aye?」と言い、中流下層階級は「Pardon?」と言う。中流階級では「Sorry?」、そして上流階級では「What?」だ。"

「すみません」はSorryかExcuse meか―英米でこんなに違う英語 - WSJ.com (via raitu)

(bluemannから)

Quote
"人は「この人と一緒にいると、とても自由に振る舞える」と思えたとき、愛を実感することができます。劣等感を抱くでもなく、優越性を誇示する必要にも駆られず、平穏な、きわめて自然な状態でいられる。ほんとうの愛とは、そういうことです。"

嫌われる勇気 / 岸見 一郎 - 電子書籍 名言まとめ (via 09345)

(yukkoから)

Photoset
Photo

(元記事: waiwaipanglikesthis (moja-mojaから))

Photoset
Quote
"自分が他人と比べて有能かどうかではなく、自分がどの分野でどのように能力を発揮できるかを考える。この習慣は自己イメージを飛躍的に高める。"

一流の人に学ぶ 自分の磨き方 / スティーブ・シーボルド (via ebook-q)